フラバンジェノールは、フランスの南西部に生息する海岸松から抽出された天然由来のポリフェノール成分です。

この地方の海岸松はポリフェノールを非常に多く含んでいるため、樹皮の色が紫色をしています。私たちが知っている松とはちょっと雰囲気が違いますよね。

フラバンジェノール 松

 

フラバンジェノールが美容業界に登場したのは比較的最近のことですが、その歴史は意外に古いようで、16世紀の大航海時代には前身の成分が存在していたようです。

フランスの冒険家「ジャック・カルティエ」の探検隊一行が壊血病に苦しんでいたときに、北米の先住民からもたらされた松の樹皮などを煎じたお茶を飲み、一命を取り留めたというエピソードが残っていました。

この時代の人たちは、松の樹皮を健康成分として生活に取り入れていたようです。最先端の美容成分フラバンジェノールの原点が、こんなに昔になったなんて驚きですよね。

フラバンジェノールの主成分は「OPC」

OPCとは「オリゴメリックプロアントシアニジン」の略称で、フラバンジェノール主成分となる物質です。

過去にはビーナッツの薄皮からOPCを抽出していましたが、ピーナッツの入手が難しくなったために、OPCを含有する他の原料を探す必要がありました。

ここで登場するのがフランスのボルドー大学名誉教授ジャック・マスケリエ博士です。この博士の活躍で海岸松の樹皮にOPCが多く含有していることが発見されました。

その後、OPCは健康維持成分として活用されるようになり、現在では美容成分「フラバンジェノール」としても注目されています。

フラバンジェノールの安全性についての情報

今のところ、フラバンジェノールは大きな副作用は報告されてません。

フラバンジェノールについてはいろいろな作用が研究で明らかになっていますが、健康が損なわれるようなデータもないようです。

フラバンジェノール化粧品の口コミ情報をみると、ほとんどのユーザーが肌トラブルなく使用できているようです。肌に合わないという人は少数いますが、比較的安全性が高い成分といえそうです。

もともとは健康維持に用いられた成分なので、過剰に心配する必要はないと思われます。

安全性についての注意点

フラバンジェノールは安全性が高い成分であることはここまで紹介した通りですが、条件として「一定の使用量を守っていること」があげられます。

どういうことかというと、安全性の高いフラバンジェノールといえども、必要以上に摂取した場合はなにか不具合をきたす可能性もあるということです。

市販のフラバンジェノール化粧品を使用する分には全く問題ありませんが、原料を自分で調合(自作コスメ)する人は注意する必要があるかも知れません。

またフラバンジェノールの原料が海岸松から抽出されていることから、「松」に特化したアレルギーをお持ちの方も注意した方がいいでしょう。

フラバンジェノール7日間トライアルの詳細はこちら